f:id:guzuni:20170611220732j:plain



蓮の花のつぼみがありました。



満月の夜の穏やかな高揚が持続すればいいのに。


まぁ続きませんでしたね。
良いことも続かないけど、悪いこともそう続かないさと言い聞かせてみる。


思い返せばもっとひどい時期があったし、音楽も文字も暖簾に腕押しだったあの頃に比べれば十分マシだ。


なんとか今は睡眠薬にも安定剤にも酒にも頼らずに生きている。


思い出す。

元同僚のIさんはジャンキーだった。薬で見る幻覚が楽しすぎて幻覚見るために色んな薬を飲んでいた。
いつでも肩の力が抜けたゆるいスタンスのIさんがうらやましかった。
「Iさんはなんでもそつなくこなせてうらやましい」
と私がこぼすと

「それなりって一番きついぜ」
とIさんは笑った。

Iさんは己の器用さに自分の限界を見た。それ以上でもそれ以下でもない行き止まり。あとは現状維持だけ。
そんな自分の将来に嫌気が指したのだろう。その先を観たくて、彼は幻想の世界に入り浸るようになった。


仕事中にバッドトリップするようになり、精神科病院に入院し、仕事を辞めた。


Iさんから手紙が届いた事がある。入院中の出来事が書かれていたが、そこにIさん自身の内面の記述はなく、
「ああこの人は退院してもまた同じ事繰り返すだろうな」と思っていたら案の定母親を殴って再入院した。

それから先は知らない。

Iさんがアンジーの「夜の行進」に出てくるビリケンみたいに「俺なんて安っぽい」と泣けたら
一緒に泣きながら夜の街を歩く友達がいたら 現状維持でもいいやと折り合いがついたんじゃないか
と思ってしまう。勝手な想像だとわかってはいても。


youtu.be




ハハハ、他人の事、過去の事で現実逃避しちゃっていかんいかん。


で、お前はどうするって話だ。
ネガティブモードのマイナスからゼロに戻ってどうプラスを加速させるか。
答えはまだない。けど、どこかにあるって思って生きてる。少なくとも明日はね。
うん、どうにかなるさ。うまくやれるさ。




f:id:guzuni:20170611235727j:plain



初体験40 「喫茶店のバイトをする」

根暗な私に知人の経営する喫茶店の一日バイトの話が舞い込んだ。接客業&レジ打ちが苦手な私ができるのか?と前日までできるかどうか不安だったが、
ブログのネタにもなるし、一日だけだし、とやることにした。結果は大きなトラブルもなく、お客さんが少なかったのでレジでパニックになる事はなかった。けれど、じっと立ちっぱなしの仕事は、自分には向かないなと痛感。足がむくんでつらい。おしゃれなボサノバがかかる店に、おしゃれな服装(店指定の白シャツ&黒ズポン&かわいいエプロン)でコーヒーを入れる。が、頭の中ではギターをギャンギャン鳴らしていた。そうしないとむずがゆいのだ。頭の中は自由でいたい。



ちなみに今日のブログタイトルにしたリチウムはIさんがよく歌っていた曲。

youtu.be