※過去の振り返り記事です。

 

私は3度目の妊娠でようやく出産にたどり着きましたが、

それ以前の2回は流産でした。

 

更に、2度目の流産は稽留流産だったため、手術をしました。

その手術について、過去にまとめてあったので、こちらに記事にしてみます。

 

 

・流産手術後~3日間

完全な寝たきり状態。強い生理痛のような腹痛。たまに特に痛い波がきてこわくて身動きができない
生理後半のような出血。1日目は入浴・シャワーともに禁止。2日目以降は入浴はできずシャワー。

 


・流産手術後4日目~1週間

簡単な家事はできるようになるが。
出血量はかなり少ない~茶おり。調子にのって一度外出したら、鮮血の生理2日目のような出血をしたため、恐くて安静を守る。たまにちくちくとした腹痛があり。
入浴はできずシャワー。

 


・流産手術後1週間~10日

出血がかなり落ち着く。うすい黄色?やや茶色がかった茶おり~透明。ややおりものが多い。
手術後の検診で、ほぼ完全に回復してることを確認する。入浴やその他日常生活の許可が出る。
夜中などたまに疲れると腹痛あり。

 

 

・流産手術後10日~2週間

出血が完全になくなる。
入浴外出その他無理しない程度の日常生活に戻る
外出する元気が出始めるが、疲れやすく貧血や頭痛などの体調不良あり。
腹痛ほぼなし。

 


という流れでした。

 

静脈麻酔?か何かの全身麻酔での手術で、手術もしたことなければ、意識がなくなるような麻酔なんてしたことがなく…当時ものすごくそれが怖かったのですが、

 

今、出産を後にして思うと、全身麻酔でできる手術なら、手術自体の負担は嫌ではあるけど、痛みもなく、軽いものだったと思う。(当時は痛くて苦しかったけど出産に比べれば痛みに関してはやはりレベルが全く違った…)

 

だけど、その後の気持ちの落ち方、2回目だったので先の見えない不安。これは本当につらかったなと、今でも思います。

 

あの頃は本当に毎日がつらくて、仕方がなかったです。

その気持ちは、今後も忘れないようにして、今も苦しんでる誰かに優しくできるようにしたいです。

 

★ランキング参加中です。クリックで応援してもらえたら励みになります!★

↓↓↓↓↓

ブログ村ランキングへ

日本ブログ村ランキング→
人気ブログランキング→